コラム|中央区本町の歯科・歯医者【本町御堂歯科】

  日・祝
9:15~13:00
14:00~18:30

午前最終受付時間 12:45
午後最終受付時間 18:00
 ★ :原則として第2・4土曜が診療
休診日:原則として第1・第3・第5土曜、日曜、祝日

tel.06-6261-9950

〒541-0053
大阪府大阪市中央区本町3-5-7
御堂筋本町ビル2階

  • 予約制
  • 各種保険取扱
  • 地図
  • メニュー

削らない・痛くないむし歯治療のメリット

皆さんこんにちは。

本町御堂歯科です。

 

当院のむし歯治療は、削る量を最小限に抑えることに重点を置いています。

 

なぜなら、歯質は削れば削るほど、デメリットもどんどん大きくなるからです。

 

そこで今回は、当院が実施しているできるだけ削らないむし歯治療のメリットについてわかりやすく解説します。

 

痛みや不快感が少ない

歯医者さんが怖い、あるいは嫌いな方は、むし歯を削る際の痛みや不快感を苦手としていることが多いと思います。

 

確かに、日常生活で歯を削られるという経験はありませんので、不快に感じられるお気持ちもよく理解できます。

 

そのため、当院では患者さまの心身への負担を減らすという意味においても、歯質の切削量を最小限に抑えたむし歯治療を実施しております。

 

残せる歯質の量が増える

私たちの歯は、原則として再生することのない組織です。

 

失った歯質はレジンや金属、セラミックなどで補うことも可能ですが、やはり天然の歯には劣ります。

 

できるだけ削らないむし歯治療を実践することで、患者さまの貴重な歯質をより多く残せるようになります。

 

これは患者さまのお口全体の健康にもつながる重要なポイントといえます。

 

治療費を抑えられる

失う歯質の量が多くなるほど、治療にかかる費用も増えていきます。

 

最小限の切削処置を心がければ、詰め物で対応できる可能性がありますが、たくさんの歯質を削ってしまうと、被せ物でなければ補えなくなってしまいます。

 

場合によっては、抜歯の必要性が高まり、ブリッジやインプラント治療が必要になってしまうこともあるのです。

 

そのため、最小限の切削でむし歯を治すことは、治療費の抑制と治療期間の短縮につながるといえます。

 

まとめ

このように、できるだけ削らないむし歯治療を行うことで、患者さまはたくさんのメリットを得ることができます。

 

当院では、こうした再発リスクの小さい、精密なむし歯治療を実施いたします。